合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のブログです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し指導員もしています。

合気道研修会道場(中崎道場)の紹介

合気道研修会道場(中崎道場)を紹介します(この記事は常に当ブログのトップページの先頭に表示されます。この記事の最新更新は令和3年7月15日です)。

 

合気道研修会道場は、故山本益司郎師範が設立された合気道道場です。

研修会道場の新ホームページはこちら「 合気道研修会道場紹介 - osaka-aikikendojo

です。

研修会道場の旧ホームページはこちら「合気道研修会道場・大阪市北区の合気道道場です(大阪府内、兵庫県にも道場あり)」です。

 

研修会道場は、現在は山本師範の師である山口清吾師範のご子息山口哲師範(合気会七段(HPはこちら「合気道 山口道場, 山口清吾先生, 合気道 山口 WEB, 他」)が承継されておられます。

平成31年1月からは、山口哲師範による毎月4コマ(月1回1泊の来阪による土日両日で計4コマ)の師範稽古を実施しています。

 

★山口哲先生の第13回講習会は延期しております。「山口哲先生の第13回講習会(令和2年4月)の延期と山本益司郎先生の呼吸投(前の方へ) - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

山口先生の講習会に参加ご希望の方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ(初めての方はプロフィールをお願いします)、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さい。研修会道場の関係者にご連絡くださってももちろんかまいません。

未経験者の方で講習会の見学をご希望の方はその旨ご連絡ください。

 

合気道研修会道場の本部道場である合気道研修会中崎道場(中崎道場)は、公益財団法人合気会公益財団法人合気会 | AIKIKAI FOUNDATION)の公認道場です。

 中崎道場は、地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩3分の傍島ビル4階(大阪市北区中崎2丁目3-12)にて稽古をしています。

合気道研修会道場は故山本益司郎師範(合気会七段、昭和9年(1934年)1月6日生)が設立された道場であり、昭和39年(1964年)には前身となる合気道道場を開設されました。

昭和44年(1969年)、山本益司郎師範は、故山口清吾本部師範(合気会九段)のご協力を得て、合気道研修会道場を正式に設立されました。

山本益司郎師範は中崎道場のほか複数の支部道場で長年ご指導されてこられましたが、平成30年(2018年)11月、ご逝去されました。

山本益司郎師範のご逝去後、権利能力なき社団人格のない社団)としての合気道研修会中崎道場(非営利団体)が設立され、研修会道場の本部道場である中崎道場(道場)を承継しました。

現在、研修会道場では大阪市北区中崎にある中崎道場を中心に、複数の支部道場、傘下道場で日々稽古をしています。

 

研修会道場の稽古生には、高齢の方や未経験で始めた方、女性、お子さんもおられます。

ご自分のペースで稽古して頂ければと思います(休憩しながらでかまいません)。

 

中崎道場の通常の稽古時間は、毎週月、火、木、土(但し、第2月曜日は除く)の午後7時~9時です。小学生の稽古時間は、午後7時~8時です。通常の稽古時間には、山口哲師範から任命された五段位、四段位の指導員が中心となり、稽古を先導し、ご指導させて頂きます。

 

中崎道場の会費(通常の稽古時間)は、

男性   

月会費 6500円

女性   

月会費 5500円

学生

月会費 4500円

高校生以下

月会費 3000円

親子(小学生)

月会費 6000円

ビジター費

1回  1500円

となります。

 

通常稽古の見学をご希望される方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さってもかまいませんし、稽古時間に直接道場に来てもらってもかまいません。

動きやすい服装で来て頂ければ、初回は無料体験して頂けます。

 

研修会道場では、大阪市北区中崎の中崎道場以外にも、下記のとおり複数の支部道場、傘下道場があり、稽古しております。

大阪市旭区千林(千林商店街内)。

兵庫県川西市大和、詳しくは「合気道大和道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

兵庫県西宮市甲子園(ららぽーと甲子園内)。

大阪府堺市堺区綾之町、詳しくは「生涯学習合気道堺綾之町道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府富田林市、詳しくは「生涯学習合気道富田林道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪市阿倍野区

大阪府堺市北区北花田、詳しくは「合気道研修会北花田道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府松原市天美、詳しくは「合気道研修会松原道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市南区、詳しくは「合気道研修会堺光明池道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市堺区、詳しくは「堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

また、大阪市都島区不定期 渡辺道場)でも稽古しております。

 

支部道場、傘下道場については、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)に連絡先(メールアドレス等)を記載してお問い合わせ下されば、詳細をご連絡いたします。

 

なお、当ブログの山本益司郎先生の映像、画像等はご家族の了承を得て掲載しています。当ブログの映像、画像等を無断で使用しないで下さい。

昨日土曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は交差取とオンライン講習会の復習(正面業)

インドカレーが食べたくなったので、初めての店にランチで行きました。

ニサン (NISHAN) - 都島/インド料理 [食べログ]

 

f:id:buta73:20210520050212p:plain

 

ナンもライスも付いていてお得です。

ナンは食べ放題ですが、そう何枚も食べられませんし、食べ放題にするナンじゃない気がします(美味しいから)。

カレーはもちろん美味しかったです。

 

さて、昨日土曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は、交差取と山口先生によるオンライン講習会の復習(正面業)でした。

 

まず、子ども稽古生と一緒の時間帯では、山本先生からご指導を受けた交差取第一教の稽古から始めました。

相手がグッと持ってきたときの交差取第一教も行いました。

気配を感じさせない稽古法で、山本先生らしいご指導です。

さらに相手が強く持ってきたときの交差取呼吸投も行いました。

相手の勢いが強くとも、しっかりと重みを伝える呼吸投です。

子ども稽古生と一緒に、相手がどれだけ強くても、怖がる必要がないことを確認しました。

また、オンライン講習会の復習で、交差取呼吸投(入身側)、交差取一教投も行いました。

子ども稽古生も理解できるように丁寧に稽古しました。

 

大人だけの時間帯には、オンライン講習会の復習で、正面業の稽古に進みました。

正面業は、相手と出会ったことろからの稽古を行いました。

まずは入身投で、体で当たることを確認して稽古しました。

回り込まないで、真っ直ぐに入身しました。

関連するご指導として、山本先生のご指導方法も紹介しました。

それから、同じく出会ったところから、入身投とは逆の方向へ、一教投の稽古を行いました。

出会ったところから、入身投にも、一教投にもできるように稽古しました。

また、第三の方向として、内入身して一教投、第四の方向として、内入身して、外側への切り下ろしの稽古を行いました。

自由自在に、4つの方向に出来ることを確認しました。

 

最後に、オンライン講習会の復習で、短刀取第一教の稽古を行いました。

少し難しかったようですので、一つ一つの動きを確認して行いました。

刃の下から外れること、体に近いところを取ることを意識して稽古しました。

 

2時間しっかり稽古して、なんとかまとまりましたが、少し時間が足りなかったかもしれませんね。

次回の稽古が楽しみです。

山本益司郎先生の正面業小手返と回転投のご指導2

山本益司郎先生の正面業小手返と回転投のご指導2です。

山本先生は正面業小手返と回転投について次のようにご説明されたことがありました。

「回転投は乗って、入る(下記1枚目の画像)。

 (相手の正面打に対し)こう乗る(下記2)。」

 

f:id:buta73:20210717044204j:plain

f:id:buta73:20210717044226j:plain

昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古はまとまる稽古とオンライン講習会の復習(交差取と入身投)

5、6年前は通っていましたが、最近ご無沙汰でした。

近隣トップを争う食べログ百名店です。

とんぴととりの光龍益 - 桜ノ宮/ラーメン [食べログ]

 

f:id:buta73:20210715044325p:plain

 

濃いどろっとしたラーメンですが、店内が綺麗だからか女性客(一人も)も多いです。

一蘭の工夫のおかげでハードルが下がったのかな。

鶏ベースのとろみ、さすがの美味しさでした。

 

さて、昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は、まとまる稽古と山口先生によるオンライン講習会の復習(交差取と入身投)でした。

 

まずは片手取で重みの稽古を行いました。

山本先生からご指導を受けたように胸を開いて、乱れないで行いました。

相手とぶつからないで吸収する稽古を行いました。

十分に体が動くようになってから、山本先生の稽古法で、まとまる稽古を行い、受けと取りで協力して感覚を養成しました。

 

それからオンライン講習会の復習へと進み、片手取呼吸投で外への切り下ろしを行いました。

相手とぶつからないで、吸収して切り下ろせるように稽古しました。

逆半身だけでなく、交差取(一教側)も行って、逆半身でも交差取でもどちらでも行えるようにしました。

また、交差取は入身側の呼吸投も行い、入身側も一教側もどちらも行えるようにしました。

昨日はいつもより人が多かったので、総がかりでも行いました。

 

次に、片手取入身投を行い、当たる稽古から行いました。

入身投は、オンライン講習会では山口先生が丁寧にご指導下さったので、返らないで下段に制する稽古を行いました。

初心者の方もおられたので、入身投の理合いの確認を丁寧に行いました。

2時間では足りないぐらい密度の濃い稽古ができたように思われました。

 

大阪は4日連続猛暑日のようです。

稽古中はこまめに水分補給をしています。

稽古外でもどうかお気をつけください。

山本益司郎先生の正面業小手返と回転投のご指導1

山本益司郎先生の正面業小手返と回転投のご指導1です。

山本先生は正面業小手返と回転投について次のようにご説明されたことがありました。

「(小手返は)こう(下記1枚目の画像)。

 (回転投は)スッと(相手に)乗る(下記2枚目の画像)。」

 

f:id:buta73:20210717043438j:plain

f:id:buta73:20210717043505j:plain

 

昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古はオンライン講習会の復習(一教投)と肩取

余裕があったので、初めての麻婆豆腐か久しぶりの麻婆豆腐かで迷って、初めての店を選んでみました。

広東名菜 紅茶 (ほんちゃ) - 大阪天満宮/広東料理 [食べログ] (tabelog.com)

 

f:id:buta73:20210507142711p:plain

 

それほど辛くはないですが、汗が出てくるいい麻婆豆腐でした。

具沢山スープとサラダも美味しかったです。

サービスのジャスミン茶もおかわりしました。

綺麗でいいお店です。

 

さて、昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は、山口先生によるオンライン講習会の復習(一教投)と肩取でした。

 

まずは片手取で重みの稽古を行って、持たれても、持ってもできるように稽古しました。

それから山口先生からご指導を受けた突き呼吸投の稽古を行いました。

杖を用いて具体的に重みの伝え方を稽古して、徒手でも行いました。

また、突き小手返も行い、相手の関節をひねらないで、また、ぶつからない小手返の稽古を行いました。

 

次にオンライン講習会の復習を行いました。

正面業一教投で相手が強く打ってきた場合の一教投を行いました。

このような場合でも、ぶつからないでしっかりと体を働かせるように稽古しました。

また、第一教の成り立ちを確認するため、当身一教投の稽古も行いました。

坐業でも行い、バタバタしないで、丁寧に相手との位置関係を確認しました。

当身から手を取る呼吸投も行いました。

引っ張らないで、重みで行うように稽古しました。

関連する稽古として、同じ体捌きからの腰投の動きの確認も行ってみました(優しく落とすだけ)。

 

最後に山本先生からご指導を受けた肩取の稽古を行いました。

まずは交差取第一教で、呼吸を確認して、同じ呼吸で肩取第一教を行いました。

相手とぶつからないように、相手の肘が曲がるようなところに体を働かせて、第一教を行いました。

相手の手をねじり取るのではない肩取です。

また、肩取第二教、第三教の稽古も行いました。

第二教は、相手が掴んでなくても、相手の関節を極めなくても行える第二教です。

 

昨日の大阪は猛暑日でした。

自転車で走っていると、ジリジリと強い日差しを感じました。

一気に体力を奪われる気がしますね。

熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

山本益司郎先生の正面業入身のご指導

山本益司郎先生の正面業入身のご指導です。

山本先生は正面業入身について次のようにご説明されたことがありました。

「外側に入る(斬る。外入身。下記1枚目の画像)。

 または、内側に入る(斬る。内入身。下記2枚目の画像)。

 自由自在に入れるようにしておく。」

 

f:id:buta73:20210717043052j:plain

f:id:buta73:20210717043142j:plain

 

山本益司郎先生の正面業入身投(小太刀)のご指導3

山本益司郎先生の正面業入身投(小太刀)のご指導3です。

山本先生は正面業入身投(小太刀)について次のようにご説明されたことがありました。

「(入身投は)こう乗っている(下記画像)。」

山本先生は入身投の場合の体の乗り方を示して下さいました。

 

f:id:buta73:20210717042655j:plain

 

さて、今日の大阪は猛暑日のようです。

熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

昨日土曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古はオンライン講習会の復習(交差取と正面業)と肩取第一教

最近の大阪の日中は30度を超えています。

屋外のお仕事の方には頭が下がります。

この時期は冷たいおそばが食べたくなりますよね。

そば工房 宝山 (ほうざん) - 野江内代/そば [食べログ]

 

f:id:buta73:20210520052003p:plain

 

十割蕎麦の安定した美味しさで、大満足です。

お肉は隣の専門店のもので、これまたいいお肉です。

たまにはこういうお肉をお腹いっぱい食べてみたいですね。

 

さて、昨日の日中も山口先生のオンライン講習会の映像を、じっくり復習しました。

オンライン講習会は、細切れの時間で拝聴して復習することが多いのですが、まとまった時間でたっぷり拝聴した方がいい復習効果がある気がします。

稽古日など、そのまま実地の稽古で生かせるので、大変ありがたいです。

 

昨日土曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は山口先生によるオンライン講習会の復習(交差取と正面業)と肩取第一教でした。

 

子ども稽古生と一緒の時間帯は、山本先生からご指導を受けた交差取反転呼吸投の稽古から始めました。

相手を吸収し、相手を邪魔しないように反転する呼吸投です。

山本先生のぶつからない稽古法の一つです。

 

それから山口先生によるオンライン講習会の復習に進み、子ども稽古生と一緒に交差取呼吸投(一教側)の稽古を行いました。

ぶつからないで、相手を吸収して一教側に切り下ろします。

また、交差取呼吸投(入身側)も行い、入身側も一教側も自在に行えるよう稽古しました。

関連する稽古として片手取入身投も行い、入身の呼吸を養成しました。

 

それから山本先生の稽古法に進み、上記交差取反転呼吸投から交差取第一教の稽古を行いました。

 

大人稽古生だけの時間帯には、交差取第一教の稽古の体捌きを活かして、山本先生からご指導を受けた肩取第一教を行いました。

相手がしっかりと肩を掴んでいても、あるいは掴んでいなくても、体の働きで第一教で制するように稽古しました。

 

また、オンライン講習会の復習に戻り、正面業の稽古を行いました。

手刀だけの一教投から、大刀と小刀の解説の確認、小太刀の遣いの一教投、二刀(交差)からの一教投あるいは逆への切り下ろし、内入身して二刀で切り下ろし(立業、坐業)、一刀と二刀の第一教の距離の違いの確認、相手の強い正面打ちに対する一教投、当身して一教投等、多彩な正面業を稽古しました。

関連する稽古として、鍔迫り合いも行いました。

 

2時間では足りないぐらい、しっかりと楽しく稽古を行いました。

連続投稿700日

今日で当ブログの連続投稿日数が700日になったそうです。

よく継続できたものだと思います。

毎日閲覧して下さる皆様のおかげだと思います。

関係者の皆様、どうもありがとうございます。

山本益司郎先生の正面業入身投(小太刀)のご指導2

山本益司郎先生の正面業入身投(小太刀)のご指導2です。

山本先生は正面業入身投(小太刀)について次のようにご説明されたことがありました。

「次に、スッと切り上げるように入っている(下記1枚目の画像)。

 (それから)いまは、横に切り落とす(下記2枚目の画像。それから返って入身投。下記3枚目の画像)。」

 

f:id:buta73:20210717042014j:plain

f:id:buta73:20210717042111j:plain

f:id:buta73:20210717042146j:plain

 

昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古はまとめる稽古とオンライン講習会の復習(二刀の稽古)

もう6年ほど近隣に通っていますが、今回初めて入りました。

鶏ベースでドロリとしたスープです。

天下一品とはまた異なる美味しさでした。

ちらん 京橋店 - 京橋/ラーメン [食べログ]

 

f:id:buta73:20210615002416p:plain

 

これははまる味かもしれません。 

要注意の美味しさです。

細麺と平麺が選べるそうですが、細麺にしました。

次回が楽しみです。

 

さて、昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古はまとめる稽古と山口先生によるオンライン講習会の復習(二刀の稽古)でした。

 

まずは片手取で重みの稽古を行いました。

山本先生からご指導を受けたように、肚にまとめるように行いました。

肚にまとまって、相手と一体化するように稽古しました。

 

それからオンライン講習会の復習に入り、正面業一教投の稽古を行いました。

相手の正面打ちを待たないで、受け止めないで、一教投を行いました。

ただし、手で投げないように稽古しました。

関連する稽古として、山本先生からご指導を受けた交差取一教投も行い、体の働きで一教投になることを確認しながら稽古しました。

 

次に、二刀で、十字から一教投の稽古を行いました。

十字でも、相手を受け止めないで、ぶつからないで稽古しました。

二刀で順方向も、逆方向も切り下ろす一教投を行いました。

逆方向へも重みで切り下ろすように稽古しました。

坐業でも行って、逆方向への切り下ろしを丁寧に確認しました。

関連する稽古として呼吸法第三法で重みの稽古も行いました。

山口先生からご指導を受けた稽古法で、立業と坐業で体の重みが伝わるように稽古しました。

 

オンライン講習会の復習に戻り、正面打ちに対して内入身して、二刀で切り下ろす稽古を行いました。

下段から喉を突ける気勢で内入身して、二刀で切り下ろしました。

立業だけでなく坐業でも行い、乱れないように稽古しました。

難しかったかもしれませんが、坐業を行うことで理解しやすくなったようでした。

 

この日の稽古の業はどうしても手で行ないがちになるので、体の重みが使えているか、その都度確認しながら、手で行なわないように稽古しました。

 

昨日も一昨日も大阪は一時的に雷雨と豪雨でした。

明け方も激しい雨音です。

豪雨は視界も危うくなりますね。

お気を付けください。

山本益司郎先生の正面業入身投(小太刀)のご指導1

山本益司郎先生の正面業入身投(小太刀)のご指導1です。

山本先生は正面業入身投(小太刀)について次のようにご説明されたことがありました。

「(相手に対して)「こっちに来いよー」という感じである。

 (それで)入っている(入身している。下記画像)。」

 

f:id:buta73:20210711133941j:plain

 

昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古はオンライン講習会の復習(吸収する稽古)と第一教三法

そんなつもりじゃなかったのに、お店の前を通り過ぎようとしたら、日替わり定食が大好きなエビフライでした。
このお店は、いまは日替わり定食1メニューのようです。

紅梅ダイナー - 大阪天満宮/洋食 [食べログ]


f:id:buta73:20210422102342p:plain


タルタルソースが大好物なのです。
こんなにたっぷりのタルタルなので、予定になくとも入店は仕方がありません。
なんとスープとライス(大盛も可)で650円。
もちろん美味しかったです。


さて、昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は山口先生によるオンライン講習会の復習(吸収する稽古)と第一教三法でした。


まずは片手取で重みの稽古を行いました。
しっかりと線を外して行いました。
次に、相手を吸収するようにして、重みの稽古を行いました。


この日のテーマは「吸収」です。


オンライン講習会の復習に進み、相手を吸収して片手取呼吸投(天地投の上の手)を行いました。
難しかったようですので、関連する稽古として山口先生からご指導を受けた片手取四教投で吸収することを学びました。
また、同じく片手取二教投も行いました。
さらに、変化をして吸収する呼吸を学んで、同じく上記の業で鍛錬しました。


吸収する稽古をたくさん行ったので、山本先生からご指導を受けた交差取第一教三法の稽古を行いました。
第一法から行い、基本の稽古を行いました。
次に、相手にぶつからないように、山口先生からご指導を受けた作為を感じさせないように第二法を行いました。
山本先生は、作為を感じさせない意識の使い方をご指導下さいました。
それから、相手を吸収する第三法でしっかりと稽古を行いました。
相手とぶつからないで吸収する稽古のため、関連する稽古法として交差取で後方へ呼吸投も行いました。


昨日は2時間たっぷりと相手を吸収する稽古を行ってみました。
吸収は難しいですが、少なくとも皆さん、相手とぶつからないように稽古することができたと思います。


山本先生は、「今週のテーマは」、
「今週号のグラビアは・・・」、
「テーマソングは・・・」、
と笑いながらご指導くださいました。
他武道有段者の友人を稽古に連れていくと、「山本先生、ご指導がめちゃくちゃ分かり易いな!」と驚いて入会していました。
そんな風に稽古を先導できたらいいですね。
こちらの方も日々鍛錬です。

山本益司郎先生の正面業第一教(小太刀)のご指導5

山本益司郎先生の正面業第一教(小太刀)のご指導5です。

山本先生は正面業第一教(小太刀)について次のようにご説明されたことがありました。

「肚で(上がって、下りる。下記画像)。

 足を観てほしい。

 足は相当柔らかく動いているのである。」

 

f:id:buta73:20210711133642j:plain

 

山本益司郎先生の正面業第一教(小太刀)のご指導4

山本益司郎先生の正面業第一教(小太刀)のご指導4です。

山本先生は正面業第一教(小太刀)について次のようにご説明されたことがありました。

「(正面業は)「エイ、ヤー」と(入る)。

 わずかに線がズレたらこうも入る(下記画像)。」

 

f:id:buta73:20210711133515j:plain