合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のブログです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(研修会道場の本部道場。大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し、指導員もしています。

合気道研修会道場の紹介

合気道研修会道場(主に中崎道場)を紹介します(この記事は常に当ブログのトップページの先頭に表示されます。この記事の最新更新は令和4年9月18日です)。

 

★★最新のお知らせ★★

★山口先生の令和4年10月の講習会は15日(土)16日(日)です。詳しくは「第22回山口先生講習会のお知らせ - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

★山口先生の令和4年11月の講習会は12日(土)13日(日)です。詳しくは「第23回山口先生講習会のお知らせ - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

★★★★

 

合気道研修会道場は、故山本益司郎師範が設立された合気道道場です。

研修会道場の新ホームページはこちら「 合気道研修会道場紹介 - osaka-aikikendojo

です。

研修会道場の旧ホームページはこちら「合気道研修会道場・大阪市北区の合気道道場です(大阪府内、兵庫県にも道場あり)」です。

 

研修会道場は、現在は山本師範の師である山口清吾師範のご子息山口哲師範(合気会七段。HPはこちら「合気道 山口道場, 山口清吾先生, 合気道 山口 WEB, 他」)が承継されておられます。

平成31年1月からは、山口哲師範による毎月4コマ(月1回1泊の来阪による土日両日で計4コマ)の師範稽古を実施しています。

 

山口先生の講習会に参加ご希望の方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ(初めての方はプロフィールをお願いします)、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さい。研修会道場の関係者にご連絡くださってももちろんかまいません。

未経験者の方で講習会の見学をご希望の方はその旨ご連絡ください。

 

合気道研修会道場の本部道場である合気道研修会中崎道場(中崎道場)は、公益財団法人合気会公益財団法人合気会 | AIKIKAI FOUNDATION)の公認道場です。

 中崎道場は、地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩3分の傍島ビル4階(大阪市北区中崎2丁目3-12)にて稽古をしています。

合気道研修会道場は故山本益司郎師範(合気会七段、昭和9年(1934年)1月6日生)が設立された道場であり、昭和39年(1964年)には前身となる合気道道場を開設されました。

昭和44年(1969年)、山本益司郎師範は、故山口清吾本部師範(合気会九段)のご協力を得て、合気道研修会道場を正式に設立されました。

山本益司郎師範は中崎道場のほか複数の支部道場で長年ご指導されてこられましたが、平成30年(2018年)11月、ご逝去されました。

山本益司郎師範のご逝去後、権利能力なき社団人格のない社団)としての合気道研修会中崎道場(非営利団体)が設立され、研修会道場の本部道場である中崎道場(道場)を承継しました。

現在、研修会道場では大阪市北区中崎にある中崎道場を中心に、複数の支部道場、傘下道場で日々稽古をしています。

 

研修会道場の稽古生には、高齢の方や未経験で始めた方、女性、お子さんもおられます。

ご自分のペースで稽古して頂ければと思います(休憩しながらでかまいません)。

 

中崎道場の通常の稽古時間は、毎週月、火、木、土(但し、第2月曜日は除く)の午後7時~9時です。小学生の稽古時間は、午後7時~8時です。通常の稽古時間には、山口哲師範から任命された五段位、四段位の指導員が中心となり、稽古を先導し、ご指導させて頂きます。

 

中崎道場の会費(通常の稽古時間)は、

男性   

月会費 6500円

女性   

月会費 5500円

学生

月会費 4500円

高校生以下

月会費 3000円

親子(小学生)

月会費 6000円

ビジター費

1回  1500円

となります。

 

通常稽古の見学をご希望される方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さってもかまいませんし、稽古時間に直接道場に来てもらってもかまいません。

動きやすい服装で来て頂ければ、初回は無料体験して頂けます。

 

研修会道場では、大阪市北区中崎の中崎道場以外にも、下記のとおり複数の支部道場、傘下道場があり、稽古しております。

大阪市旭区千林(千林商店街内)。

兵庫県川西市大和、詳しくは「合気道大和道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

兵庫県西宮市甲子園(ららぽーと甲子園内)。

大阪府堺市堺区綾之町、詳しくは「生涯学習合気道堺綾之町道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府富田林市、詳しくは「生涯学習合気道富田林道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪市阿倍野区

大阪府堺市北区北花田、詳しくは「合気道研修会北花田道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府松原市天美、詳しくは「合気道研修会松原道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市南区、詳しくは「合気道研修会堺光明池道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市堺区、詳しくは「堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

また、大阪市都島区不定期 渡辺道場)でも稽古しております。

 

支部道場、傘下道場については、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)に連絡先(メールアドレス等)を記載してお問い合わせ下されば、詳細をご連絡いたします。

 

なお、当ブログの山本益司郎先生の映像、画像等はご家族の了承を得て掲載しています。当ブログの映像、画像等を無断で使用しないで下さい。

山本益司郎先生の呼吸法のご指導5

山本益司郎先生の呼吸法のご指導5です。

山本先生は呼吸法について次のようにご説明されたことがありました。 

「ずーっと広がる。

 広がるときは仙骨あたりから広がる(下記1枚目の画像)。

 肚にまとまる(下記2枚目の画像)。

 まとまったものが落ちる。

 骨盤の中に落ちる。

 肚にまとまったものが骨盤の中に落ちる。

 足の下から吸い上げている。

 下から吸い上げている。

 自由自在に体を動かす。」

 

 

山本益司郎先生の呼吸法のご指導4

山本益司郎先生の呼吸法のご指導4です。

山本先生は呼吸法について次のようにご説明されたことがありました。

「(体は)曲げているが、(重みは)柔らかく立っている。

 (上体が回って)股関節が回る。

 回るときも、曲がるのではなく意識は立って回っている感じである(傾けていない)。

 そして上からの重力がかかる。

 (傾けると)曲がってしまう。

 重力線というか重みの線が重要な事項になる。

 (また、)メリーゴーランドみたいに外に重力が(働く。下記画像)。」

 

 

 

山本益司郎先生の呼吸法のご指導3

山本益司郎先生の呼吸法のご指導3です。

山本先生は呼吸法について次のようにご説明されたことがありました。

「(重みは)曲がるのではなく、そのまま前に(また後ろに)スーッと出る。

 左右もである。

 (重みは)曲がらない。

 体は曲がっても、重み、重力線がそうなっている(曲がらない)。

 右へ立つ、左へ立つという感じである(下記画像)。」

 



 

 

山本益司郎先生の呼吸法のご指導2

山本益司郎先生の呼吸法のご指導2です。

山本先生は呼吸法について次のようにご説明されたことがありました。

「重みは立ったままである(下記1枚目の画像)。

 重みがこのままスーッと前に(出ても)立っている(下記2枚目の画像)。

 こういう意識を持つ。」

 

 

山本益司郎先生の呼吸法のご指導1

山本益司郎先生の呼吸法のご指導1です。

山本先生は呼吸法について次のようにご説明されたことがありました。

「師の合気道は、力に頼らず、知に頼らず。

 合気道本来の呼吸法を使うことによって、筋力に頼る必要はないという方向で行っている。

 だから80歳になっても行うことができている。」

 


 

昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は入身投と第21回講習会の復習(沈むわざ)

大阪の長居運動公園の競技場に行くことがあったので、ランチタイムにちょっといいものを食べようと初めてのお店に行ってみました。

長居公園には大阪を代表するスタジアムと陸上競技場があります。

鮨 春政 - 鶴ケ丘/寿司/ネット予約可 | 食べログ

 

 

このランチメニューでは、小鉢と赤だし、玉子焼き、巻物、デザート(羊羹)までついてきました。

今日はとても涼しい秋晴れだったのですが少し疲れていたので、ひとつひとつのお寿司がとても美味しく感じられましたね。

最近、お寿司がお気に入りになったようです。

 

昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は、入身投と山口先生による第21回講習会の復習(沈むわざ)でした。

 

まずは片手取で重みの稽古を行って、子ども稽古生と一緒の時間帯には、山本先生からご指導を受けた四方投の稽古から始めました。

相手と一体になって、あいてとぶつからないように四方投を行いました。

また、山本先生からご指導を受けた交差取入身投の稽古を行いました。

初心者でも子ども稽古生でも入身投が理解できるように説明して稽古しました。

山口先生からご指導があったように、当たるところも意識して稽古しました。

 

それから山口先生の講習会の復習に進み、杖の遣いで稽古を行いました。

相手に杖を持たせて、体を沈めて呼吸投を行いました。

持たせた杖で相手を制する稽古も行いました。

相手を抑えて、相手が杖を離せないように行いました。

徒手の場合のように抑えられるように稽古しました。

腕力ではなく、体で抑えられるように稽古しました。

 

今日の大阪は台風一過で上々のお天気でしたね。

気温も低くとても涼しくて、渡辺道場で過ごしていると鈴虫が鳴き始めました。

大好きな秋の気配を感じます。

一昨日日曜日講習会が終了しました

一昨日日曜日、山口先生の第21回講習会が終了しました。

講習会の1日目土曜日第ニ部と2日目日曜日は、概ね下記のとおりでした。

 

土曜日第ニ部

1 杖の遣い(制する)

2 片手取(下段)

3 片手取呼吸投(手を返す)

  杖を持っているつもりで手を返して表に転がす。

4 片手取呼吸投(足を払う)

5 より吸収して4を行う。

  もっと吸い込んで4を行う。

6 正面業一教投(当身、手を取る)

7 正面業第一教、正面業打倒し、正面業呼吸投(手が替わる)

8 杖の遣い(上段呼吸投、下段呼吸投、沈んで抜く呼吸投、沈んで振り返って呼吸投、腰投)

  総がかり

9 杖の遣い(上段呼吸投、下段呼吸投、沈んで抜く呼吸投)

  総がかり

10 杖の遣い(上段から足を払う)

11 杖の遣い(腰投)

12 杖の遣い(下段から足を払う)

13 杖の遣い(第二教)

14 杖の遣い(取らせないで打つ)

15 片手取第二教

16 片手取二教投

 

日曜日第一部

1 片手取(重み)

2 片手取呼吸投(沈んで足を払う)

3 片手取四方投(変わる)

4 片手取四方投(上に崩す)

5 片手取隅落とし

6 杖の遣い(四方投)

7 片手取呼吸投(沈んで足を払う)

8 杖の遣い(沈んで抜く)

9 杖の遣い(制する)

10 杖の遣い(上段呼吸投、下段呼吸投)

11 杖の遣い(制する)

12 杖の遣い(四方投)

13 杖の遣い(沈んで抜く)

14 片手取呼吸投(沈んで足を払う)

   13を徒手で行う。

15 正面業呼吸投(沈んで足を払う)

 

日曜日第ニ部

1 杖の遣い(沈んで振り返る)

2 正面業呼吸投(内入身振り返る)

3 杖の遣い(腰投)

4 杖の遣い(腰投)

5 両手取(腰投)

6 第一教腰投

7 杖の遣い(第二教)

8 片手取第二教

9 交差取第二教

10 片手取呼吸投(沈んで足を払う)

11 正面業呼吸投(沈んで足を払う)

12 正面業一教投(当身、手を取って)

13 正面業第一教、正面業打倒し、正面業呼吸投(手を替えて)

昨日日曜日講習会が終了しました

昨日日曜日、山口先生の第21回講習会が終了しました。

日本列島には台風が近づいていましたが、講習会2日目日曜日は朝から晴れていて、講習会の終了時は風もなくいい天気でした。

講習会の1日目土曜日第一部は、概ね下記のとおりでした。

 

講習会の土曜日第一部

1 正面業一教投(当身、手を取る、足を払う)

2 杖の遣い(坐って抜く)

  受けは杖を奪いに来る。

3 片手取呼吸投(足を払う)

  2を片手取で行う。

4 杖の遣い(坐って抜く)

5 杖の遣い(第一教裏)

6 杖の遣い(沈んで振り返る)

7 6を正面業で行う。

8 正面業呼吸投(かがんで足を払う)

9 杖の遣い(腰投)

10 両手取腰投

   9を両手取で行う。

11 第一教腰投、第二教腰投

 

昨日の講習会の終了後、新大阪駅で少し時間があったので、評判のいいお寿司屋さんに行ってみました。

さかなやのmaru寿司 新大阪店 (サカナヤノマルズシ) - 新大阪/寿司 | 食べログ

 

https://tabelog.com/imgview/original?id=r46365155521966

 

新幹線の時間が迫っていたので写真撮影を失念してしまいましたが、注文したメニューと同じものが食べログにアップされていたので、引用させて頂きました。

あわてて食べてしまいましたが、お寿司も赤だしも美味しかったです。

初めて入るお店でしたが、清潔なお店で、立派な海老も良かったですね。

稽古後の冷えたビールと歓談は、とてもいいものでした。

第23回山口先生講習会のお知らせ

山口哲先生の11月の第23回講習会は、次の日程(①~④の合計4コマ)で実施したいと思います。

土曜日は中崎道場(大阪市北区)、日曜日は渡辺道場(大阪市都島区)が会場となります。

渡辺道場の近隣の駅は野江内代駅(地下鉄)か京橋駅(JR、地下鉄、京阪)です。

 

11月12日土曜日 中崎道場(大阪市北区

①第1部18時15分~19時30分

②第2部19時45分~21時00分

 

11月13日日曜日 渡辺道場(大阪市都島区

③第1部10時00分~11時15分

④第2部11時30分~12時45分

一昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は第20回講習会の復習(杖の遣い)と組太刀

あっさりとしたおろしカツが食べたくなって、近隣の美味しさ安定のお店に行ってきました。

Maison4125 (メゾン) - 南森町/懐石・会席料理/ネット予約可 | 食べログ

 

 

トンカツは好物のひとつですが、最近はおろしポン酢で食べるのが一番美味しく感じますね(何も付けないのも好きですが)。

ポン酢の力は偉大です。

大根おろしも偉大です。

このお店は味変で七味もいけます。

気遣いがありがたいですね。

 

一昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は、山口先生による第20回講習会の復習(杖の遣い)と組太刀でした。

 

まずは片手取で重みの稽古を行いました。

重みの稽古では山本先生のエピソードを紹介して、重みの稽古の重要性を喚起しました。

 

それから山口先生による第20回講習会の復習に進みました。

杖の遣いでは四方投の稽古から行いました。

相手が杖を奪いに来ると、腕力で行ってしまいがちになるので注意して行いました。

体で杖を遣うことができるように心がけて行いました。

また、自分の正中線を意識して稽古しました。

それから杖を奪う稽古も行いました。

関連する稽古として、杖の遣いで上段と下段での呼吸投も行いました。

 

一昨日は有段者ばかりだったので、山口先生からご指導を受けた組太刀の稽古も行いました。

理合いを説明して、どうしてそのような動きになるのかを理解して稽古できるように心がけました。

相手に乗ることができるように行いました。

また、太刀取も行いました。

形だけでなく、自分の体の重みが遣えるように稽古しました。

 

一昨日は有段者ばかりで、出稽古の道友もおられたので、難しい稽古にも挑戦してみました。

緊張感の中で、楽しく稽古ができました。

さて、今日から山口先生の講習会です。

大阪は未明から風が吹いてますね。

気をつけてお越しください。

明日から第21回山口先生講習会

明日から山口哲先生の第21回講習会です。

台風が近づいていて、今の大阪市内はやや強めの風ですね。

みなさん、気をつけてお越しください。

 

中崎道場の通常稽古とは稽古時間が異なります。

なお、中崎道場の通常稽古はお休みです。

 

土曜日は中崎道場(大阪市北区)、日曜日は渡辺道場(大阪市都島区)が会場となります。

渡辺道場の近隣の駅は野江内代駅(地下鉄)か京橋駅(JR、地下鉄、京阪)です。

 

9月17日土曜日 中崎道場(大阪市北区

①第1部18時15分~19時30分

②第2部19時45分~21時00分

 

9月18日日曜日 渡辺道場(大阪市都島区

③第1部10時00分~11時15分

④第2部11時30分~12時45分

山本益司郎先生の第一教のご指導20

山本益司郎先生の第一教のご指導20です。

山本先生は第一教について次のようにご説明されたことがありました。

「だから、自分が一番大事にすることは肚である。

 肚が自由に動けるところに自分がいるということである。

 肚が上がって、こう入って行く。

 肚がこうスーッと入って行く(下記画像)。

 邪魔だよーと入って行く。」

 

 

昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は第二期オンライン講習会第4回の復習(半身半立四方投)と二人取

用事で生まれて初めてJR姫路駅で降りました。

時間がなかったので散策したりはできず、駅のお土産屋さんのようなところで海鮮丼を頂きました。

海鮮どんぶり本舗 力丸 ピオレ姫路おみやげ館店 - 姫路/海鮮丼 | 食べログ

 

 

姫路城を目の前にして素通りするぐらい時間がなかったので、何も調べずに注文しましたが、久々に食べたシャコは美味しかったですね。

姫路は穴子が名物のようです。

 

昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は、山口先生による第二期オンライン講習会第4回の復習(半身半立四方投)と二人取でした。

 

昨日は初心者の体験者の方が来られていたので、子ども稽古生と一緒の時間帯では山口先生からご指導を受けた坐業呼吸法第一法から稽古を始めました。

また、関連する稽古法として、山本先生からご指導を受けた坐業呼吸法の稽古も行いました。

また、同じく山本先生からご指導を受けた相手と一体になる稽古法も行いました。

 

それから山口先生による第二期オンライン講習会第4回の復習で半身半立四方投の稽古を行いました。

相手と一体となって、相手に重みがかかるように行いました。

子ども稽古生や初心者の方でも理解できるように足さばきの稽古も行いました。

 

大人だけの時間帯には、山本先生からご指導を受けた稽古法で、二人取の稽古の前提で、相手からの影響を受けないように相手を下段に制する稽古を行いました。

それから山口先生からご指導を受けた各種の二人取の稽古を行いました。

どちらか一方に執着しないように注意して稽古しました。

手で行ないがちなところを、体で行うように注意して行いました。

 

昨日は出稽古の方や体験稽古の方が来られてにぎやかで楽しかったです。

様々な方と稽古ができるのはありがたいことですね。

 

山本益司郎先生の第一教のご指導19

山本益司郎先生の第一教のご指導19です。

山本先生は第一教について次のようにご説明されたことがありました。

「これは(手は)気にしない。

 柔らかくスーッと上げるぐらいである。

 肚があるから、スーッと上がって、スーッと入る感じである(下記画像)。

 肚が上がって戻ってくる感じである。

 スーッと収まってくる。」