合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のブログです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し指導員もしています。

合気道研修会道場(中崎道場)の紹介

合気道研修会道場は、故山本益司郎師範が設立された合気道道場です。

研修会道場の新ホームページはこちら(合気道研修会道場紹介 - osaka-aikikendojo)です。

研修会道場の旧ホームページはこちら(合気道研修会道場・大阪市北区の合気道道場です(大阪府内、兵庫県にも道場あり))です。

 

研修会道場は、現在は山本師範の師である山口清吾師範のご子息山口哲師範(合気会七段(合気道 山口道場, 山口清吾先生, 合気道 山口 WEB, 他))が承継されておられます。

平成31年1月からは、山口哲師範による毎月4コマ(月1回1泊の来阪による土日両日で計4コマ)の師範稽古を実施しています。

 

★山口哲先生の第13回講習会は延期しております。「山口哲先生の第13回講習会(令和2年4月)の延期と山本益司郎先生の呼吸投(前の方へ) - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

山口先生の講習会に参加ご希望の方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ(初めての方はプロフィールをお願いします)、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さい。研修会道場の関係者にご連絡くださってももちろんかまいません。

未経験者の方で講習会の見学をご希望の方はその旨ご連絡ください。

 

合気道研修会道場の本部道場である合気道研修会中崎道場(中崎道場)は、公益財団法人合気会公益財団法人合気会 | AIKIKAI FOUNDATION)の公認道場です。

 中崎道場は、地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩3分の傍島ビル4階(大阪市北区中崎2丁目3-12)にて稽古をしています。

合気道研修会道場は故山本益司郎師範(合気会七段、昭和9年(1934年)1月6日生)が設立された道場であり、昭和39年(1964年)には前身となる合気道道場を開設されました。

昭和44年(1969年)、山本益司郎師範は、故山口清吾本部師範(合気会九段)のご協力を得て、合気道研修会道場を正式に設立されました。

山本益司郎師範は中崎道場のほか複数の支部道場で長年ご指導されてこられましたが、平成30年(2018年)11月、ご逝去されました。

山本益司郎師範のご逝去後、権利能力なき社団人格のない社団)としての合気道研修会中崎道場(団体)が設立され、研修会道場の本部道場である中崎道場(道場)を承継しました。

現在、研修会道場では大阪市北区中崎にある中崎道場を中心に、複数の支部道場、傘下道場で日々稽古をしています。

 

研修会道場の稽古生には、高齢の方や未経験で始めた方、女性、お子さんもおられます。

ご自分のペースで稽古して頂ければと思います(休憩しながらでかまいません)。

 

中崎道場の通常の稽古時間は、毎週月(第2月曜日は除く)、火、木、土の午後7時~9時です(月曜日のみ8時~9時)。子どもの稽古時間は、毎週火、木、土の午後7時~8時です。通常の稽古時間には、山口哲師範から任命された五段位、四段位の指導員が中心となり、稽古を先導し、ご指導させて頂きます。

 

中崎道場の会費(通常の稽古時間)は、

男性   

月会費 6500円

女性   

月会費 5500円

学生

月会費 4500円

高校生以下

月会費 3000円

親子(小学生)

月会費 5000円

ビジター費

1回  1500円

となります。

 

通常稽古の見学をご希望される方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さってもかまいませんし、稽古時間に直接道場に来てもらってもかまいません。

動きやすい服装で来て頂ければ、初回は無料体験して頂けます。

 

研修会道場では、大阪市北区中崎の中崎道場以外にも、下記のとおり複数の支部道場、傘下道場があり、稽古しております。

大阪市旭区千林(千林商店街内)。

兵庫県川西市大和、詳しくは「合気道大和道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

兵庫県西宮市甲子園(ららぽーと甲子園内)。

大阪府堺市堺区綾之町、詳しくは「生涯学習合気道堺綾之町道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府富田林市、詳しくは「生涯学習合気道富田林道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪市阿倍野区

大阪府堺市北区北花田、詳しくは「合気道研修会北花田道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府松原市天美、詳しくは「合気道研修会松原道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市南区、詳しくは「合気道研修会堺光明池道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市堺区、詳しくは「堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

また、大阪市都島区不定期 渡辺道場)でも稽古しております。

 

支部道場、傘下道場については、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)に連絡先(メールアドレス等)を記載してお問い合わせ下されば、詳細をご連絡いたします。

 

なお、本Webページの山本益司郎先生の映像、写真等はご家族の了承を得て掲載しています。本Webページの映像、写真等を無断で使用しないで下さい。

(この記事は常にトップページの先頭に表示されます。そして適宜更新されます)

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導43

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導43です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「そうすれば、力持ちと戦ったとしても、自分が生き残る道があるということである。

 いま一度、剣を上げて、相手を真っ二つに切るような気持ちで(両肩取で行う)。

 エーイッ、ド-ンッと(切る)。

 (上がるときに)上に崩す。

 相手の腰を下からスッと(両手と)持ち上げる感じである。

 エイ、ヤー、スッと(持ち上げる。下記画像)。」

 

f:id:buta73:20201017160003j:plain

 

 

 

昨日火曜日の中崎道場の稽古は第一教と第二教

すっかり秋ですね。

涼しくていい気持ちです。

山本先生と初めてお会いしたのは秋でしたね。

昨日は山本先生からご指導を受けた業を中心に稽古しました。

 

昨日火曜日の中崎道場の稽古は第一教と第二教でした。

交差取一教で、晩年、山本先生が整理された第一法から第三法を久しぶりに稽古しました。

シンプルですが、ぶつからないで重みを伝えるにはいい稽古法だと思います。

また、肩取では山本先生の説明された呼吸の稽古を行いました。

山本先生のシンプルな二教の稽古法も行ってみました。

そういえば、山本先生がご逝去されて初めて行う業かもしれません。

シンプルなほど難しいものなので、肩取二教や正面業二教も織り交ぜながら、山本先生の真っ直ぐ下りる二教の稽古を行いました。

二教なのに、痛めないで、真っ直ぐ下におりる二教です。

分かり易く重みがかかる二教です。

昨日も静かに丁寧に稽古を行ってみました。

昨日月曜日の中崎道場の稽古は一教投と呼吸の稽古

昨日は月曜日の初稽古でした。

月曜日だけは稽古時間は1時間だけと短いので、いつも以上に効果的な稽古ができないかと考えてみました。

まあ、考えているほどうまくはいかないものですが。

 

さて、昨日月曜日の中崎道場の稽古は一教投と呼吸法の稽古でした。

リクエストがあったので、山本先生の考えられていた呼吸を中心としてみました。

ちょっとわくわくしましたね。

まず、一教投は、山口先生からご指導を受けた三法から稽古を始めました。

半身の体の働きで正面業でどの方向でも切り下ろせることを確認しました。

この一教投で身体の準備を整えて、次に、山本先生は、合気呼吸法として、意識を働かせることをご指導下さいましたので、一教投で呼吸の稽古を行いました。

いつもより多めに呼吸の稽古を行い、意識を働かせて身体が滑らかになるよう心掛けました。

全身を使った稽古をした後、山本先生が考案された、坐業の呼吸の稽古法もいくつか行いました。

もう少し時間が必要だったかもしれませんね。

この先には、山口先生からご指導を受けた4つの呼吸投の稽古があるような気がしています。

穏やかな日に、静かに呼吸の稽古をするのはいいものですね。

今日も楽しく稽古をしようと思います。

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導42

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導42です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「極端にいえば、エネルギーの使い道を自分本位に考えている。

 (合気道は)自己完成の道だからである。

 相手と戦う道ではないからである。

 その具体性を表しているのが合気道である。

 エイッヤーッと、上にあがって、スッと(下りる。下記画像)。」

 

f:id:buta73:20201017155147j:plain


 

 

昨日土曜日の中崎道場の稽古は入身と体当たりの稽古

昨日の大阪は一日中雨で、日中も寒いぐらいでした。

気温は秋ですね。

昨日は数年ぶりに道兄が稽古に復帰し、中崎道場に再入会してくれました。

山本先生からとても可愛がられていた方ですので、先生もお喜びだと思います。

 

昨日土曜日の中崎道場の稽古は入身と体当たりの稽古でした。

まずは、基本の片手取でいくつかの重みの稽古を行いました。

入身は、徒手での体当たりから始めました。

正確に、相手の中心に対することができるように努めました。

山本先生からご指導を受けたぶつからない体当たりで、いくつかの種類の体当たりの稽古を行いました。

また、山口先生から入身投で体で当たる稽古法のご指導を頂きましたので、最初は入身で体当たり、次に通常の正面業入身投で体で当たる稽古を行いました。前にも後ろにも行ける入身投で、自由性の確認をしました。

また、重みの稽古として片手取、諸手取、両手取の稽古を行い、最後に両手取から天地投の裏の稽古を行いました。

山口先生の天地投は、触れた瞬間凄い衝撃を受けますが、いまはまだ、とてもそうはできません。

日々の稽古を積み重ねて、目標に向かって頑張りたいと思います。

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導41

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導41です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「ぶつかるところではなく、動くところで(動けばいい)。

 水の流れる方向である。

 岩があったら、こう(岩に沿って)流れる。

 (地下水も)草の根が土にあれば、(根に沿うように水が流れ)来る。

 そういうことを理解したら、(相手と)ぶつかったら、こうすればいい(動いて修正すればいい。下記画像)。」

 

f:id:buta73:20201016065254j:plain

 

昨日木曜日の中崎道場の稽古は横面業と廻転投

昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は横面業と廻転投の稽古でした。

 

大阪は日中でもやっと夏日ではなくなり、秋の気配になったようです。

山本先生は、春より秋の方が入会者が多いんやでといっておられましたが、今日、中崎道場に新しく入会してくださる方がおられました。

いい秋の始まりですね。

紹介者にも感謝です。

 

さて、新しい道友を迎え、さっそく基本の片手取で重みの稽古から始めました。

いくつかの出会い方で重みの稽古を行ってから、横面業の稽古に進みました。

まずは切り下ろし、斬り止めの体捌きから始め、重みの稽古も加味していきました。

横面業第五教、第一教から短刀取へと進み、武器業の精緻な感覚で改めて徒手業の稽古を行いました。

徒手でも感覚が研ぎ澄まされるようでした。

また、廻転投では、まずは重みを伝える稽古からで、廻転投に入る直前に相手を上から潰すことから始めてみました。

案外、廻転投の方が、ちゃんと体の重みがかかっているかそうでないのかが分かり易いような気がしました。

廻転投も、師範方のように美しくできる日が来るといいなあと思いながら稽古をしました。

明日、土曜日の稽古も楽しみですね。