合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のページです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し指導員もしています。

合気道研修会道場(中崎道場)の紹介

(★注意★)現在、合気道研修会中崎道場はコロナウイルス対策で稽古を休止しています。

 

 合気道研修会道場(合気道研修会道場・大阪市北区の合気道道場です(大阪府内、兵庫県にも道場あり))は、故山本益司郎師範が設立された合気道道場であり、現在は、山本師範の師である山口清吾師範のご子息山口哲師範(合気会七段(合気道 山口道場, 山口清吾先生, 合気道 山口 WEB, 他))が承継されておられます。

平成31年1月からは、山口哲師範による毎月4コマ(月1回1泊の来阪による土日両日で計4コマ)の師範稽古を実施しています。

 

★山口哲先生の第13回講習会は延期しております。「山口哲先生の第13回講習会(令和2年4月)の延期と山本益司郎先生の呼吸投(前の方へ) - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

山口先生の講習会に参加ご希望の方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ(初めての方はプロフィールをお願いします)、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さい。研修会道場の関係者にご連絡くださってももちろんかまいません。

未経験者の方で講習会の見学をご希望の方はその旨ご連絡ください。

 

合気道研修会道場の本部道場である合気道研修会中崎道場(中崎道場)は、公益財団法人合気会公益財団法人合気会 | AIKIKAI FOUNDATION)の公認道場です。

 中崎道場は、地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩3分の傍島ビル4階(大阪市北区中崎2丁目3-12)にて稽古をしています。

合気道研修会道場は故山本益司郎師範(合気会七段、昭和9年(1934年)1月6日生)が設立された道場であり、昭和39年(1964年)には前身となる合気道道場を開設されました。

昭和44年(1969年)、山本益司郎師範は、故山口清吾本部師範(合気会九段)のご協力を得て、合気道研修会道場を正式に設立されました。

山本益司郎師範は中崎道場のほか複数の支部道場で長年ご指導されてこられましたが、平成30年(2018年)11月、ご逝去されました。

山本益司郎師範のご逝去後、権利能力なき社団人格のない社団)としての合気道研修会中崎道場(団体)が設立され、研修会道場の本部道場である中崎道場(道場)を承継しました。

現在、研修会道場では大阪市北区中崎にある中崎道場を中心に、複数の支部道場、傘下道場で日々稽古をしています。

 

研修会道場の稽古生には、高齢の方や未経験で始めた方、女性、お子さんもおられます。

ご自分のペースで稽古して頂ければと思います(休憩しながらでかまいません)。

 

中崎道場の通常の稽古時間は、毎週火、木、土の午後7時~9時です(子どもは午後7時~8時)。通常の稽古時間には、山口哲師範から任命された五段位、四段位の指導員が中心となり、稽古を先導し、ご指導させて頂きます。

 

中崎道場の月会費(通常の稽古時間)は、

男性月会費6000円

女性月会費5000円

子供月会費3000円

ビジター費1500円

となります。

 

通常稽古の見学をご希望される方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さってもかまいませんし、稽古時間に直接道場に来てもらってもかまいません。

動きやすい服装で来て頂ければ、初回は無料体験して頂けます。

 

研修会道場では、大阪市北区中崎の中崎道場以外にも、下記のとおり複数の支部道場、傘下道場があり、稽古しております。

大阪市旭区千林(千林商店街内)。

兵庫県川西市大和、詳しくは「合気道大和道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

兵庫県西宮市甲子園(ららぽーと甲子園内)。

大阪府堺市堺区綾之町、詳しくは「生涯学習合気道堺綾之町道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府富田林市、詳しくは「生涯学習合気道富田林道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪市阿倍野区

大阪府堺市北区北花田、詳しくは「合気道研修会北花田道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府松原市天美、詳しくは「合気道研修会松原道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市南区、詳しくは「合気道研修会堺光明池道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市堺区、詳しくは「堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

また、大阪市都島区不定期 渡辺道場)でも稽古しております。

 

支部道場、傘下道場については、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)に連絡先(メールアドレス等)を記載してお問い合わせ下されば、詳細をご連絡いたします。

 

なお、本Webページの山本益司郎先生の映像、写真等はご家族の了承を得て掲載しています。本Webページの映像、写真等を無断で使用しないで下さい。

(この記事は常にトップページの先頭に表示されます。そして適宜更新されます)

山本益司郎先生の四方投のご指導3

山本益司郎先生の四方投のご指導3です。

山本先生は四方投について次のようにご説明されたことがありました。

「相手の手を持つ。

 これを(相手の手を)自分の剣だと思って(持つ。下記画像)。

 それを(相手の)足もとから「エイ、ヤ―」、スーッと上げる。」

 

f:id:buta73:20200530082250j:plain

 

山本益司郎先生の四方投のご指導1

山本益司郎先生の四方投のご指導1です。

山本先生は四方投について次のようにご説明されたことがありました。

「(木刀を正眼に構えて歩きながら)四方切のように(側面から剣を)上げる(下記1、2枚目の画像)。

 あまり手を上げない。

 二歩ぐらいで上にあげる(二歩ぐらいで下ろす)。

 このとき体が動いている(正対したままではない)。

 絶えず動いている。

 体の全体が(動いている)。」

 

f:id:buta73:20200527080146j:plain

f:id:buta73:20200527080325j:plain

 

山本益司郎先生の諸手取呼吸投のご指導2

山本益司郎先生の諸手取呼吸投のご指導2です。

山本先生は諸手取呼吸投について次のようにご説明されたことがありました。

「(自分が)動くのである(下記画像)。

 止まったり、居着いたりした瞬間に(相手に)やられてしまう。

 宮本武蔵は一切居着くなと言っている。

 動きっぱなしである。

 大先生の映像を拝見しても止まっていない。

 (相手に手を)取られた瞬間も動いている。」

 

f:id:buta73:20200525065006j:plain

 

山本益司郎先生の諸手取呼吸投のご指導1

山本益司郎先生の諸手取呼吸投のご指導1です。

山本先生は諸手取呼吸投について次のようにご説明されたことがありました。

「下がる、上がるということである。

 ドーンと下がったものが上がる感じである。

 まずドーンッと下がるのである。

 下がる感じから今度は上がっていく(上がって呼吸投)。

 そうすれば呼吸の使い方がうまくなる。

 相手の動くところを動かすのである(下記1、2枚目の画像)。

 無理して動かしていない。

 そのようにすればいいのである。」

 

f:id:buta73:20200525064731j:plain

f:id:buta73:20200525064756j:plain

 

 

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導5

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導5です。

山本先生は手の持ち方について次のようにご説明されたことがありました。

「だから、持つときは自然体でスッと持ちなさいということである(下記画像)。

 (持つときは)全体をスッと持ちなさいということである。

 (相手を)包み込むように、無理をせずに持つということである。

 それが今度は自分が取り(の稽古)をするときに役に立つのである。」

 

f:id:buta73:20200525064357j:plain

 

今週の中崎道場の稽古休止と二宮神社

今週の中崎道場の稽古(5月26日(火)、5月28日(木)、5月30日(土))は、先週に引き続き休止となっています。 ご注意下さい。

 

さて、紹介のコーナーです。

神戸の三宮駅近くの二宮神社を紹介します。

 

二宮神社(にのみや)神戸市 中央区 二宮町| Ninomiya Shrine |

 

大先生の口述本にある正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命がご祭神です。

山本益司郎先生が懇意にされ、道場計画もあったことから、研修会道場にはなじみの深い神社です。

キアヌ・リーブスの映画「マトリックス」の仮想武術訓練の道場(畳ですが、演技はカンフー)に、「勝速日」の掛け軸が掛かっていました。

これは合気道関連の方から聞かれることのある話だと思います。

正勝吾勝勝速日をハリウッドでどう考えていたのか興味深いと、山本先生はよくおっしゃっていました。

二宮神社のご祭神は正勝吾勝勝速日ですので、山本先生は合気道との関係から世界に発信する場としての道場構想をしておられたこともあったからだと思います。

山本先生と二宮神社に初詣に行って、参拝後コーヒーをご馳走になりました。

こういうときって、いつもよりたくさんお話しできますよね。

二宮神社の最寄り駅は、各種電鉄の三宮駅です。