合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のブログです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し指導員もしています。

合気道研修会道場(中崎道場)の紹介

 

合気道研修会道場は、故山本益司郎師範が設立された合気道道場です。

研修会道場の新ホームページはこちら(合気道研修会道場紹介 - osaka-aikikendojo)です。

研修会道場の旧ホームページはこちら(合気道研修会道場・大阪市北区の合気道道場です(大阪府内、兵庫県にも道場あり))です。

 

研修会道場は、現在は山本師範の師である山口清吾師範のご子息山口哲師範(合気会七段(合気道 山口道場, 山口清吾先生, 合気道 山口 WEB, 他))が承継されておられます。

平成31年1月からは、山口哲師範による毎月4コマ(月1回1泊の来阪による土日両日で計4コマ)の師範稽古を実施しています。

 

★山口哲先生の第13回講習会は延期しております。「山口哲先生の第13回講習会(令和2年4月)の延期と山本益司郎先生の呼吸投(前の方へ) - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

山口先生の講習会に参加ご希望の方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ(初めての方はプロフィールをお願いします)、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さい。研修会道場の関係者にご連絡くださってももちろんかまいません。

未経験者の方で講習会の見学をご希望の方はその旨ご連絡ください。

 

合気道研修会道場の本部道場である合気道研修会中崎道場(中崎道場)は、公益財団法人合気会公益財団法人合気会 | AIKIKAI FOUNDATION)の公認道場です。

 中崎道場は、地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩3分の傍島ビル4階(大阪市北区中崎2丁目3-12)にて稽古をしています。

合気道研修会道場は故山本益司郎師範(合気会七段、昭和9年(1934年)1月6日生)が設立された道場であり、昭和39年(1964年)には前身となる合気道道場を開設されました。

昭和44年(1969年)、山本益司郎師範は、故山口清吾本部師範(合気会九段)のご協力を得て、合気道研修会道場を正式に設立されました。

山本益司郎師範は中崎道場のほか複数の支部道場で長年ご指導されてこられましたが、平成30年(2018年)11月、ご逝去されました。

山本益司郎師範のご逝去後、権利能力なき社団人格のない社団)としての合気道研修会中崎道場(団体)が設立され、研修会道場の本部道場である中崎道場(道場)を承継しました。

現在、研修会道場では大阪市北区中崎にある中崎道場を中心に、複数の支部道場、傘下道場で日々稽古をしています。

 

研修会道場の稽古生には、高齢の方や未経験で始めた方、女性、お子さんもおられます。

ご自分のペースで稽古して頂ければと思います(休憩しながらでかまいません)。

 

中崎道場の通常の稽古時間は、毎週火、木、土の午後7時~9時です(子どもは午後7時~8時)。通常の稽古時間には、山口哲師範から任命された五段位、四段位の指導員が中心となり、稽古を先導し、ご指導させて頂きます。

 

中崎道場の月会費(通常の稽古時間)は、

男性月会費6000円

女性月会費5000円

子供月会費3000円

ビジター費1500円

となります。

 

通常稽古の見学をご希望される方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さってもかまいませんし、稽古時間に直接道場に来てもらってもかまいません。

動きやすい服装で来て頂ければ、初回は無料体験して頂けます。

 

研修会道場では、大阪市北区中崎の中崎道場以外にも、下記のとおり複数の支部道場、傘下道場があり、稽古しております。

大阪市旭区千林(千林商店街内)。

兵庫県川西市大和、詳しくは「合気道大和道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

兵庫県西宮市甲子園(ららぽーと甲子園内)。

大阪府堺市堺区綾之町、詳しくは「生涯学習合気道堺綾之町道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府富田林市、詳しくは「生涯学習合気道富田林道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪市阿倍野区

大阪府堺市北区北花田、詳しくは「合気道研修会北花田道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府松原市天美、詳しくは「合気道研修会松原道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市南区、詳しくは「合気道研修会堺光明池道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

大阪府堺市堺区、詳しくは「堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

また、大阪市都島区不定期 渡辺道場)でも稽古しております。

 

支部道場、傘下道場については、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)に連絡先(メールアドレス等)を記載してお問い合わせ下されば、詳細をご連絡いたします。

 

なお、本Webページの山本益司郎先生の映像、写真等はご家族の了承を得て掲載しています。本Webページの映像、写真等を無断で使用しないで下さい。

(この記事は常にトップページの先頭に表示されます。そして適宜更新されます)

明日は合気道研修会道場第ニ回オンライン講習会

合気道研修会道場第ニ回オンライン講習会は、明日、令和2年8月16日(日)午後9時からの実施となりました。

もし、研修会道場の関係者(友好道場を含む)で、上記オンライン講習会に参加希望であったにもかかわらず、案内が届いていないという方は、研修会道場の各幹事、あるいは幹事長にご連絡ください。本ブログの「コメントを書く」欄に書き込んで頂いてもかまいません。

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導6

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導6です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「これは物理の一番肝心な感性の法則である。

 エネルギ-が、相手の中に吸い込まれるような感じである。

 (自分の)身体が柔軟に動けば、動きやすくなる。

 この原点はどこにあるかというと、肚にある。

 (自分の姿勢が)傾いたら(エネルギーが)出ていかなくなる。

 (これは)ムチのような感じである。

 空間に意識のムチがある(と意識してみる)。

 意識のムチがあれば、こうやって入ってこれる。

 こうやってスッと入ってこれる(下記画像)。」

 

f:id:buta73:20200806052101j:plain

 

昨日木曜日の中崎道場の稽古は重みの稽古と第三教

昨日木曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は重みの稽古と第三教でした。

まずは、前受身の中でも難易度の高い受身の稽古を行いました。

それぞれの習熟度に応じた稽古を心掛けました。

さて、昨日は先日行った第二教の復習をして、第三教の稽古を行いました。

第三教も、山本先生は「相手を痛めるのではない」と言われましたので、それを意識して相手を制するよう稽古しました。

さらに、昨年山口先生からご指導いただいた後ろ両肩取第三教を丁寧に復習しました。

後ろ両肩取第三教の稽古の中では、大先生のお言葉から、合気道における後業の位置づけも意識して稽古しました。

難しい業なのに、ご指導どおりに行ってみるとスムーズにできたので、とても楽しかったです。

重みの稽古では、転換だけでなく、相手とぶつからないで自重を伝える稽古も行いました。

お盆なので、山本先生の考案されたぶつからないための稽古法を行ってみました。

お盆なので、きっと見て下さっていたと思います。

 

この時期、いつもなら出稽古に来てくださる遠方の道兄から連絡がありました。

当ブログの先月の山本先生のお墓参りの写真に手を合わせて下さったとのことです。

ありがたいことです。

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導5

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導5です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「だから止まると駄目である。

 止まるということは、居着くことである。

 居着くとエネルギーがなくなってしまう。

 筋力しかなくなってしまう。

 だから絶えず居着かず動いておけよということである。

 少しでもね(動く)。

 円転の場合でも、遠心力が相手に入っている。

 縦軸でも(入っている)。横軸でも(入っている)。

 円転でも自分のエネルギ-が入っている(下記画像)。

 それぐらいの気持ちで行ってみる。」

 

f:id:buta73:20200806051838j:plain

 

 

昨日火曜日の中崎道場の稽古は重みの稽古と第二教

昨日火曜日の中崎道場(大阪市北区)の稽古は重みの稽古と第二教でした。

まずは、重みの稽古を片手取でいつも以上にしっかり行ったあと、難易度の高い両手取でも行いました。

難易度の高い稽古法を行うことで、様々な業の稽古の中で、重みが働いていること(あるいは働いていないこと)が実感できるように思われました。

昨年山口先生から、複数の両手取での重みの稽古をご指導いただきましたので、そのいくつかをしっかりと復習しました。

また、第二教の表と裏の稽古を行いました。

関節技になりがちな第二教を、自重を使って稽古できるように行いました。

山本先生は、第二教でも「相手を痛めないで制することができるのだ」とおっしゃっていましたので、相手を傷めないよう重みで制する稽古を行いました。

第二教は初心者には難しいでしょうが、最初から理合を間違ってしまわないように注意して稽古しました。

さて、大阪では35度を超える猛暑日が続いています。

中崎道場ではいつも以上に頻繁に休憩しながら稽古をしています。

稽古以外でも、水分をしっかりとって、注意してお過ごしください。

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導4

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導4です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「(自分が)止まっていなければ(入っていく)。

 そういう身体を使っている。

 (自分が固まると)腰に来てしまう。

 (そうではなくて、上下のエレベーターの)エネルギーが相手の中に入っていく。 

 ドーンと入っている(下記画像)。」

 

f:id:buta73:20200806051553j:plain

 

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導3

山本益司郎先生の呼吸投(呼吸法)のご指導3です。

山本先生は呼吸投(呼吸法)について次のようにご説明されたことがありました。

「相手と同化和合である。

 一つになる。

 自分の身体の上からエレベーターが下りてくる。

 相手のこの辺(肘関節)に入って行けばいい。

 エネルギ-が相手に入っていく。

 動いていれば必ず慣性の法則で相手の中に入っていく(下記画像)。」

 

f:id:buta73:20200806051411j:plain