合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のページです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し指導員もしています。

合気道研修会道場(中崎道場)の紹介

 合気道研修会道場は、故山本益司郎師範が設立された合気道道場であり、現在は、山本師範の師である山口清吾師範のご子息山口哲師範(合気会七段(合気道 山口道場, 山口清吾先生, 合気道 山口 WEB, 他))が承継されておられます。

平成31年1月からは、山口哲師範による毎月4コマ(月1回1泊の来阪による土日両日で計4コマ)の師範稽古を実施しています。

 

★山口哲先生の第8回講習会は、令和元年9月21日(土)22日(日)です。詳しくは「 第8回山口哲先生講習会(令和元年9月)のお知らせ - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

★堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の体験は令和元年9月18日(水)、同月25日(水)です。詳しくは「堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

 ★山口哲先生の第9回講習会は、令和元年10月19日(土)20日(日)です。詳しくは「第9回山口哲先生講習会(令和元年10月)のお知らせ - 合気道研修会道場の稽古生のページ」をご覧ください。

 

★山口哲先生の第10回講習会は、令和元年11月16日(土)17日(日)です。詳しくは「第10回山口哲先生講習会(令和元年11月)のお知らせと山本益司郎先生の片手取呼吸投(上段) - 合気道研修会道場の稽古生のページ 」をご覧ください。

 

山口先生の講習会に参加ご希望の方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さい。研修会道場の関係者にご連絡くださってももちろんかまいません。

未経験者の方で講習会の見学をご希望の方はその旨ご連絡ください。

 

合気道研修会道場の本部道場である合気道研修会中崎道場(中崎道場)は、公益財団法人合気会公益財団法人合気会 | AIKIKAI FOUNDATION)の公認道場です。

 中崎道場は、地下鉄谷町線中崎町駅から徒歩3分の傍島ビル4階(大阪市北区中崎2丁目3-12)にて稽古をしています。

合気道研修会道場は故山本益司郎師範(合気会七段、昭和9年(1934年)1月6日生)が設立された道場であり、昭和39年(1964年)には前身となる合気道道場を開設されました。

昭和44年(1969年)、山本益司郎師範は、故山口清吾本部師範(合気会九段)のご協力を得て、合気道研修会道場を正式に設立されました。

山本益司郎師範は中崎道場のほか複数の支部道場で長年ご指導されてこられましたが、平成30年(2018年)11月、ご逝去されました。

山本益司郎師範のご逝去後、権利能力なき社団人格のない社団)としての合気道研修会中崎道場(団体)が設立され、研修会道場の本部道場である中崎道場(道場)を承継しました。

現在、研修会道場では大阪市北区中崎にある中崎道場を中心に、複数の支部道場、傘下道場で日々稽古をしています。

 

研修会道場の稽古生には、高齢の方や未経験で始めた方、女性、お子さんもおられます。

ご自分のペースで稽古して頂ければと思います(休憩しながらでかまいません)。

 

中崎道場の通常の稽古時間は、毎週火、木、土の午後7時~9時です(子どもは午後7時~8時)。通常の稽古時間には、山口哲師範から任命された五段位、四段位の指導員が中心となり、稽古を先導し、ご指導させて頂きます。

 

中崎道場の月会費(通常の稽古時間)は、

男性月会費6000円

女性月会費5000円

子供月会費3000円

ビジター費1500円

となります。

 

通常稽古の見学をご希望される方は、下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にメッセージ、連絡先(メールアドレス等)を入れてご連絡下さってもかまいませんし、稽古時間に直接道場に来てもらってもかまいません。

動きやすい服装で来て頂ければ、初回は無料体験して頂けます。

 

研修会道場では、大阪市北区中崎の中崎道場以外にも、複数の支部道場、傘下道場があり、稽古しております。

大阪市旭区千林、

兵庫県川西市大和(合気道大和道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ)、

兵庫県西宮市甲子園、

大阪府堺市堺区綾之町(生涯学習合気道堺綾之町道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ)、

大阪府富田林市(生涯学習合気道富田林道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ)、

大阪市阿倍野区

大阪府堺市北区北花田合気道研修会北花田道場の紹介 - 合気道研修会道場の稽古生のページ)

大阪府松原市天美、

大阪府堺市南区(泉北)、

大阪府堺市堺区(堺タカシマヤ(堺東駅)における「女性のための合気道」の開講と山本益司郎先生の天地投 - 合気道研修会道場の稽古生のページ)

大阪市都島区不定期 渡辺道場)等で稽古しております。

 

下記「コメントを書く」欄(直ちには表示されません)にお問い合わせ下されば、詳細ご連絡いたします。

 

なお、本Webページの山本益司郎先生の映像、写真等はご家族の了承を得て掲載しています。本Webページの映像、写真等を無断で使用しないで下さい。

(この記事は常にトップページの先頭に表示されます。そして適宜更新されます)

明日からの第8回山口哲先生の講習会と山本益司郎先生の四方投

さて、明日の土曜日から2日間、第8回山口哲先生の講習会です。

研修会道場以外からもたくさんの方が参加されます。

遠方からも稽古に来られます(普段、海外におられる方も稽古に来られます)。

大阪の明日の土曜日の天気予報は、降水確率80%、最高気温23度、最低気温18度、明後日の日曜日の天気予報は、降水確率70%、最高気温29度、最低気温22度です。

遠方の方は参考にしてください。

 

土曜日(中崎道場)は涼しそうですが、日曜日(渡辺道場)はまだまだ暑くなりそうですね。

熱中症に気をつけましょう。

そう思って秘密兵器を購入しました。

少し早く購入すればよかったですね。

みなさん、土曜日はもちろん、日曜日は各自飲み物を持ってきてくださいね(渡辺道場はこの秋、ミニ冷蔵庫付き道場になりました)。

 

f:id:buta73:20190329213340j:plain

山本益司郎先生の四方投です。

山本先生がこのように鋭い四方投のご指導をされることは多くはありませんでしたが、ときどき80代とは思えない気合と鋭い業を示してくださることがありました。

山本先生は柔らかい業、鋭い業、もの凄い気迫の業、不思議な業、様々な業を示してくださいました。

山本先生のそれらの業は、相手とはぶつからない業でした。

山本益司郎先生の呼吸法と引力についてのご指導1

山本益司郎先生の呼吸法と引力についてのご指導1です。 山本先生は呼吸法と引力について次のようにご指導されたことがありました。

「エイ、ヤッ、トー」と、(自分の)手を持った相手をぶった切っている。

 スッと入って(呼吸投。1枚目の画像)。

 だから、息が切れない。いまの呼吸が大切なのである。

 合気道は絶対にぶつからないということである。

 吸収のエネルギー、求心性のエネルギーの中に入っている。

 だから転換でも、持たれたら、スッと入っている(2枚目の画像)。

 突っ張りがない。

 上から落ちてきたものを使っている。

 自在に動けるようにして欲しい。

 自分は84歳だが勉強中で、まだまだ駄目だと思っている。

 死ぬまで動かなければ駄目だと思っている。」

 

 f:id:buta73:20190825202102j:plain

f:id:buta73:20190825202514j:plain

 

 

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導4

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導4です。

山本先生は体の作り方について次のようにご指導されたことがありました。

「まずは、肩が自由に動くことである。

 そういう体作りを心掛けることである。

 いま風に言えば、野球の大谷翔平選手のようなことである。肩が柔らかい。足が動いている。体を使うための最高の方法を心掛けるということである。

 大谷翔平選手は打つときかかとが相手に向いている。そこまで体が柔らかく回っている。移動している。足で移動できなければ何にも出来ないということである。

 合気道は(例えば)ハリー・ポッターの世界である。ほとんど触れていない。そういう感覚を(持つ)。

 だから小が大を動かすことができるのである。

 (力では)小は大を動かせない(1枚目の画像)。

 力ではどうにもならない(2枚目の画像)。」

 

 

f:id:buta73:20190825202004j:plain

f:id:buta73:20190825202032j:plain

 

 

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導3

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導3です。

山本先生は体の作り方について次のようにご指導されたことがありました。

「肩を回す。

 肩を回しながら左(足)に乗ったり、右(足)に乗ったりする(体重を左右にかける)。ちゃんと乗る。(乗って)止まる。スッと乗る。(乗って)一つにまとめる。

 肩を回す。肩甲骨である。

 人間は、大腿骨、肩甲骨、お尻が一番大きい。お尻の筋肉が一番大きい。だから、その辺を気楽に使う。腕力を使うのではない。

 (一歩前に出て)前に乗っかる。

 (一歩後ろに下がって)後ろに乗っかる。重力が前に出る。

 剣を振るにも、これが出来なければ剣を振れない。

 剣を振るためには体が出来ていなければ振れない。

 何故かというと体が動いていないと剣を振っても仕方がないからである。

 (体が動いていなければ)剣に頼ってしまう。

 人を脅かすために剣を使うならそれでもいいが、そういう話ではない。体が使えない人間は、剣は使えない。

 日本の伝統的な舞踊でも、お尻を締めている。ちゃんと締まっている。それで柔らかく動いている。

 だから歌舞伎の女形坂東玉三郎もそうである。

 もの凄く締まっている。

 それが外から(前から上にあがって、返って)もの凄くしなる(下記画像)。」

 

f:id:buta73:20190825183748j:plain

 

第8回山口哲先生講習会(令和元年9月)と山本益司郎先生の第四教抑え

この土曜日の中崎道場の稽古では、10数年ぶりに元研修会道場稽古生と再会し、2時間稽古をさせて頂きました。

稽古の再開を祝し、山本先生のお言葉をたくさんお伝えさせていただきました。

合気道を再開されるというのは素晴らしいことですね。

また、小学3年生の稽古生が稽古で「どうして倒れたか全然わからん」と言っていました。

筋力で倒すのが合気道ではないと感じてくれたことは、よかったと思います。

さて、次の週末の土日の2日間は山口哲先生の第8回講習会です。

講習会は、次の会場、日程(①~④の合計4コマ)で実施します。

土曜日は中崎道場(大阪市北区)、日曜日は渡辺道場(大阪市都島区)が会場となります。

渡辺道場の近隣の駅は野江内代駅(地下鉄)か京橋駅(JR、地下鉄、京阪)です。

令和元年9月21日(土)中崎道場
①第1部18時15分~19時30分
②第2部19時45分~21時

同月22日(日)渡辺道場
③第1部10時30分~11時45分
④第2部12時~13時15分

中崎道場会費会員の講習会費
1コマ参加1500円
2コマ参加2000円
3コマ参加2500円
4コマ参加3000円

中崎道場以外の稽古生の講習会費
1コマ参加1500円
2コマ参加2500円
3コマ参加3500円
4コマ参加4000円

土曜日の第2部のあとに懇親会(中崎通商店街の和ビストロ綱)、日曜日の第2部のあとに昼食会(フランス料理まるしげのランチ)を予定しています(外食)。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:buta73:20190306042043j:plain

山本益司郎先生の第四教抑えです。

山本先生は、第四教で相手を捉えるときに、相手の手を痛める必要はないのだとご指導してくださいました。

また、第四教で相手を地面に抑えるときも痛める必要はないと言われました。

特に、女性の手首が痛んだり、赤くなったりするようなことはしてはいけないと厳に諫めておられました。

山本先生は、痛めなくても制することができるのだと、この画像のように笑いながらご指導くださいました。

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導2

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導2です。

山本先生は体の作り方について次のようにご指導されたことがありました。

「呼吸法である。

 合気呼吸法の原点である。これを司っているのは何か。

 宇宙創成のエネルギーである。

 引力である。

 (上に)広がったものが、(上から)引力が入ってきて、大地に入っていく(下に広がる)。

 非常にこの辺が(股関節辺りが)楽になる。「さあ来いっ」という感じである(下記画像)。

 それを(体で)司るのが肚である。これが一番重要である。それがわからないと屁理屈になる。 

 体の中でそれが出来上がっているのである。だからこの辺が(股関節が)柔らかく動く。(それが)しんどい人は、(体を)調整する。」

 

f:id:buta73:20190825155423j:plain

 

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導1

山本益司郎先生の体の作り方についてのご指導1です。

山本先生は体の作り方について次のようにご指導されたことがありました。

「肚の辺りから上の三角(▽。1枚目の画像)、下の三角(△)がまとまる(2枚目の画像)。

 (下の三角から)骨盤を通して、骨の中にスーッと入っていく。

 それが上がって、体の外へ出ていく感じである(上の三角)。

 これが大事である。

 体から(上に)出て行ったエネルギー、それが(上から)体に入り、体を通って体を出て(下に出る)、縦軸となる。

 お尻を締める。スポーツ選手もお尻がピタッとなっている。そういう感じに締める。

 (お尻が)上がっている。

 筋肉が締まっているのではない。骨がちゃんとしている。

 そうすればあとは自由に動く。」

 

f:id:buta73:20190825155257j:plain

f:id:buta73:20190825155311j:plain