合気道研修会道場の稽古生のページ

合気道研修会道場で稽古している稽古生渡邉のブログです。大阪市北区の中崎町駅(地下鉄谷町線)から徒歩3分の場所にある合気道研修会中崎道場(大阪府大阪市北区中崎2丁目3ー12傍島ビル4階)に所属し指導員もしています。

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導4

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導4です。

山本先生は手の持ち方について次のようにご説明されたことがありました。

「または、持たれながら落ちてしまう(座る。下記画像)。

 (個性的な持ち方をすれば、取りは)見えてしまうからである。

 感じてしまうからである。」

f:id:buta73:20200519054849j:plain

 

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導3

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導3です。

山本先生は手の持ち方について次のようにご説明されたことがありました。

「個性のある持ち方をしたら、その瞬間に全部相手にぶった切られてしまう。

 相手が上げようとするところを邪魔して上からグッと落とそうとすると、逆に落とされる(回転投。下記1、2枚目の画像)。

 だから中庸の場所で持たなければならない。」

 

f:id:buta73:20200519054743j:plain

f:id:buta73:20200519054808j:plain

 

 

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導2

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導2です。

山本先生は手の持ち方について次のようにご説明されたことがありました。

「正眼で相手を制するようにスーッと持つ。

 スーッと持って「エイッ」と(入れば)落とせる(下記1、2枚目の画像)。

 これが私のお師匠様の持ち方である。」

 

f:id:buta73:20200519054550j:plain

f:id:buta73:20200519054621j:plain

 

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導1

山本益司郎先生の手の持ち方のご指導1です。

山本先生は手の持ち方について次のようにご説明されたことがありました。

「(相手の)手を持つときというのは、剣を正眼(の構え)で相手の全体を包むがごとく持つ(下記1、2枚目の画像)。

 (そのように持てば、相手を)そのまま落とせる。

 切り落としても落とせる。

 上がれば上がる。」

 

f:id:buta73:20200519054417j:plain

f:id:buta73:20200519054449j:plain

 

 

山本益司郎先生の諸手取呼吸投(体の動きで投げる)のご指導20

山本益司郎先生の諸手取呼吸投(体の動きで投げる)のご指導20です。

山本先生は諸手取呼吸投(体の動きで投げる)について次のようにご説明されたことがありました。

「(相手が自分の手を持ったときに)剣先が動かせるように、(自分が)動いていないとまずいのである(下記画像)。

 (相手が自分に)触れた瞬間に、それが落ちる。」

 

f:id:buta73:20200513033440j:plain

 

山本益司郎先生の諸手取呼吸投(体の動きで投げる)のご指導19

山本益司郎先生の諸手取呼吸投(体の動きで投げる)のご指導です。

山本先生は諸手取呼吸投(体の動きで投げる)について次のようにご説明されたことがありました。

「(相手が)上からグッと持ってきた場合は、上にあがった剣がそのまま柔らかく下りるのである(1枚目の画像)。

 それだけである。

 だから(徒手のときでも)持たれたときに剣先が動かなければいけないということである(2枚目の画像)。」

 

f:id:buta73:20200513033114j:plain

f:id:buta73:20200519031004j:plain

 

今週の中崎道場の稽古休止と「道の原理」

今週の中崎道場の稽古(5月19日(火)、5月21日(木)、5月1日(土))は、先週に引き続き休止となっています。 ご注意下さい。

 

さて、紹介のコーナーです。

こちらも、若手の合気道家にはあまり知られていないかもしれません。

 

「道(タオ)の原理」
 桜沢如一

 

植芝盛平先生と親交の深かったマクロビオティックの桜沢先生による著作です。

原文はフランス語で書かれた本です。

敗戦後に出版されました。

茶の本」の岡倉天心や、「武士道」の新渡戸稲造のように外国語で著して日本を紹介するんですね。

すごいですね。

明治維新時に日本文化を誇る気概を感じますね。

敗戦時の吉祥丸先生と同じ気持ちだったんでしょうね。

 

https://www.amazon.co.jp/道の原理-桜沢如一/dp/4889210261

 

この著作には、嘉納治五郎先生が柔道を発見したとし、合気道は真の柔道であり、合気道は「道」そのものであるとあります。

絶賛ですね。

合気道をたくさん紹介している著作です(ちなみに原題は「柔道の本」です)。

山本先生は「合気道を大変理解している本だ」と驚いておられました。

晩年の山本先生に与えた影響が大きかった著作と感じられました。